カビで困ったら「カビ屋」にお任せ!

カビとは何?

「カビ」は、俗名で真菌の仲間です。糸状構造を有することから「糸状菌」とも言います。1mm以下の肉眼では見ることのできない生物、「微生物」です。分類上の仲間は菌類の『カビ、酵母、キノコ』があります。カビは人間と同じ真核生物で、細菌に対して「真菌」と呼ばれます。菌類が人間に感染すると真菌症と呼ばれ、カビ(菌類)の細胞だけにダメージを与え、人間には害の少ない薬物が限られるために治療が難しいことになります。

又カビは、生えると色を出す特徴から、カビの俗名は色で表現されます。アオカビ(ペニシリウム)、クロカビ(クラドスポリウム)、アカカビ(フサリウム)、ハイイロカビ(ボトリチス)、・・・などです。

カビ毒(マイコトキシン)の生産は、これらは常に毒素を作るのではなく適当な条件下に置かれた時のみ毒素を産生します。カビ毒は慢性の中毒症状を起こすため、関心が低いといわれます。代表的なものに発ガン性カビ毒 アフラトキシン(アスペルギルス・フラバス)、ステリグマトシスチン(アスペルギルス・ペルシカラー)や、フザリウム毒素は喘息やアレルギーの原因物質アレルゲンとして重視されています。カビはいたるところに棲息し、人間の生活環境下では水分と温度があれば胞子を出して増殖していきます。そして群落(コロニー)が作られるとさまざまな被害が発生していきます。

又、カビによる有益性がありますが、このページはカビによる被害対策を取り上げていきます。

カビは悪者?

カビは微生物の仲間。生物分類を見ると目に見えない生物微生物、更に微生物は生物の起源。より小さい種を更に大きい種が栄養源としている食物の連鎖。又生物の生体の体内、表面に微生物は棲みつき、微生物の生存により動物、植物の生態は生命が維持されている。この生態秩序は生命の全てが少なくとも善悪の尺度の中にはない様に思われる。生命全ては使命を持って誕生し、使命の下に発展進化する。その生命進化の途中、ある種に、ある臓器に迷惑を及ぼすことがある。あるいはある種の微生物の進化が種にとって致命的な場合もある。人間もまたこの微生物たちに守られ、生かされている現実がある。

しかし、とはいえ私たちの快適生活にとって招かざる訪問者はお断りせざるを得ない。つまり【カビ屋】の仕事は、私たちの快適生活をするうえで迷惑な生物(微生物=カビを含む)たちに私たちが占有している部分に来ないでほしい。というメッセージと防御壁、空間を造る事です。

【カビ屋】は生物全て共存・共栄しているという原点に立ち、人間に対し具合の悪いカビやその他の微生物に対し、消毒・殺菌・除カビをします。この際種を定めての作業は難しい。このため環境に長期間の微生物を発生させない技術、長期間存在させその効果を持続させ限定効果を狙える化学物質の存在、方法はない。そのため【カビ屋】の保証は3〜5年間とし、合わせて環境の改善をお勧めしています。全ての生物、微生物はかけがえのない地球の資産です。

生物の分類

生物とは

生命を持つ物体

生命の定義

  1. 細胞を基本単位とし
  2. 取り込んだ物質をさまざまに変化させ(代謝能力がある)
  3. 自分自身の体を維持する能力を持ち(恒常性の維持)
  4. 自己を複製し増殖する能力をもつもの

5界グループ

動物界、植物界、菌界(カビ・酵母)、原生生物界、モネラ界(細菌)

5界グループ

分類階層

門、鋼、目、科、属、種

(分類例)
人間:動物界、脊索動物門、哺乳類鋼、霊長類目、ヒト科、ホモ属、サビエンス種

カビかどうか確認したいとき

単純に見分ける方法はカビ取り剤で拭いてみることです。少し漬け置きしなければとれない場合もありますが、これで薄くなったたり、消えたりすればカビか藻であるといえます。一見カビと間違いやすいものに最近になってわかったものに“塗料に入っている鉄分又はチタン材又は染料“があります。経年変化し徐々に表面に浮き出してくるものです。又細菌が作る色素も、時が経つととれません。これらはよく和室の壁面に広がり丁度カビのように見えることがあります。これらはいずれも材質から出るものであり、証明するのはスタンプ採取し、培養するか、パッチテストしかありません。

カビ菌の同定

カビ菌の同定

カビであることが解り、カビの種類を判定することを同定と言います。一般的に現場作業では医療問題を除いて同定の必要はないと思われます。同定の手順は、採取する場所を確認、スタンプ式のブレード又は培地・綿棒を用意し、手指を消毒用のアルコールで十分消毒します。人の手や身体には細菌が付いていて不用意に触れると少ないカビでは発育しない場合があります。用意のない急場の場合はフィルムのボックスなどに破片を“手に触れずに入れる”などして、研究所等に送付することです。カビの発育は7日以上必要でその後属種を同定するのに更に7日以上要します。カビは一種類のみ検出されるわけではありません。そのうちの優先株から同定しますが有料です。

カビ菌の同定 ×200

×200

カビ菌の同定 ×400

×400

よくみられるカビ

住宅によく見られるというカビ

属名 和名 棲息場所
クラドスポリウム クロカワカビ 浴室 他。モルタル、塩ビクロス、シーリング材等
ペニシリウム アオカビ 和洋室他。人間環境のいたる所に棲息
アスペルギルス コウジカビ 和洋室他。居食住の器物汚染。食品工場・病院注意
アルタナリア ススカビ 和洋室他。クーラー内部、塗装・クロス面等
トリコデルマ ツチアオカビ エアコン加湿器。アレルゲン。キノコの有害菌

住まいにまんべんなく棲息するが、とくに多くみられるのが上記の棲息場所です。又カビは一種類で済むことは少なく数種類のカビや細菌・酵母などと共生しています。人間に対してよくみられる病原性が知られている真菌は、25属、50〜60種と言われています。ただ、病原菌の中で住宅内から発見されているものはわずかです。

住まいのカビ・生育条件

カビ(真菌)の生育環境因子

1、温度
  1. 高温(高温性菌、35ºCから53ºC)
  2. 中温(中温性菌、25ºCから45ºC)
    ※住宅等建築物に発生するカビは大部分がこれに属します。
  3. 低温(低温性菌、5ºCから25ºC)
    ※生育の適温は40ºC付近にあります。
2、水分

湿度65%以下では多くのカビの発育はできません。水分供給・自由水発生の3つのタイプがあります。

  1. コンクリートなどの余剰水を持っていてそれが室内方向に運ばれてクロス等の裏側に生じる自由水。(クロスのカビ)
  2. 建材の表面温度が室内空気の露点温度以下に下がって結露を生じ、結露水が建材に吸収されて生じる自由水。(外壁の入り隅部の押入れの内部に発生するカビ)
  3. 浴室のタイル目地や木製スノコなど水や湯垢が掛けられ含水率が高められ生じる自由水。(浴室や洗濯機の下)
3、栄養

真菌類の栄養物は有機化合物です。
(有機化合物 : 炭水化物、脂肪酸、窒素化合物、ミネラル、ビタミン、ニコチン酸等)

4、酸素

カビの、大部分は好気性菌微生物です。

5、水素イオン濃度(pH)

カビ胞子の発芽は、pH2.0〜8.0といわれる。最適範囲はpH4.0〜8.0の微酸性。

カビの生育環境条件

自然の浄化、人手による清掃が繰り返されないところ

カビの発育のできるのは、自然の風雨にさらされない静かな人の手が加わらないところです。言い換えれば、カビが生えるのは床下とか、押入れの隅のように手を加えにくいか、室内にカビが大発生するということは掃除をしていないといえます。

紫外線にさらされない場所

カビの細胞は紫外線に影響を受けますので、日光に長く当たるところではカビは発育できません。カビが発生しやすいのは内外を問わず住宅の場合北側に多く発生します。

表面が平らで硬質なものは発生しにくい

板ガラスやタイルのような平らで硬いものの表面には胞子が付きにくく、硬い材料中には菌糸が伸びにくい。但し、表面に栄養物となる物が付着していれば発育することがあります。

発育阻害分子のあるところは発育できない

防かび剤のような生育阻害分子が一様に分布している基質では、生育できません。

これらの9つの生育条件は、どれ一つ満足しなくともカビは生育しません。

「耐久性防カビ方法」は、こうした条件を利用し、安全な薬品を使用して環境条件を変え、カビの発生を抑制する技術です。

カビの増殖

カビ菌の同定

生活環境で動かす、使われる場所、物はカビが生えにくいです。使われていない部屋、場所(掃除もされない)、使わない衣類、靴(洗濯もされない、乾かさない)などは、カビにとっては快適な生活環境です。過去の防カビ依頼も動かされる事のないスペースの施工が大半です。工場や倉庫、地下室、床下、冷蔵庫など多くは手入れのされない場所に発生する、この点は庭や空き地に生える雑草とよく似ています。これらの微生物は条件が満たされた時どの位のスピードで増殖するのでしょうか。

↑ページのトップへ